2019年02月28日

二月、パン関連まとめ

二月は定期パン教室以外に、待ちに待った志賀シェフの講習会にルッツガイスラー氏によるドイツパンの講習会を受講しました。

40時間バゲットパンドミ季節のパン(チョコベリーナッツ)の講習会。
今回、まさかのゲスト(助手役)はヒヨリブロートの塚本シェフ!!
流石師匠と弟子、絶妙のコンビネーションのとても楽しい講習会でした。
IMG_9276.JPGIMG_9298.JPGIMG_9306.JPGIMG_9316.JPG

またいつか、志賀シェフ・塚本シェフとお会いできますように!!

ドイツパンは、前回鳥越製粉で受けましたが、今回はLZOPFにて。
目の前に、ルッツ氏がいて超間近で手元を見ることが出来ました。
IMG_9516.JPG
勿論、主催者が即翻訳してくれますが、ちょっとでもドイツ語が分かればより細かいニュアンスが伝わってきたんでしょうね。


バウアンブロート(農家のパン):ドイツの、今年のパンに選ばれた種類のパンです。
IMG_9530.JPG

バイエルン風ブレッツエル:ブレッツェルにはいろいろ種類がある様で・・詳しくないのでわからないですが、やはりラウゲン液のブレッツェルは風味が違います!!
IMG_9559.JPG

ゼーレン(これ、前回もありました):昔からどういう立ち位置のパンだったかという話が興味深くて!
IMG_9543.JPG

ザーテンブロート:とても美味しかった、雑穀入りのパン。なんと、ルッツ氏はあまり好みではないとか??こんなに美味しいんですが・・
IMG_9551.JPG

アーヘナーポシュヴェック:キリストの復活祭であるイースターに食べられているパン。ドイツは昔よりクリスチャンが減ったとはいえ、キリスト教大国に違いはありません。プロテスタント系でも、イースター前はちゃんと節制して過ごすのでしょうか・・。贅沢なパンをイースターに食べる意味が、よく分かりました〜!!
IMG_9563.JPG

とても濃い内容でした。
どちらもすぐに追いつくのは難しいですが、数年前よりも頭の中では少しずつ理解が出来るようになりました。
アウトプットてたくさん失敗しながら学ばないと、本当に身には付かないですね〜。


posted by シナモン at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・講習会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186050845
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック