2018年11月18日

鎌倉、WS参加とパン・スイーツ巡り

11月、某アメリカ菓子のWSに参加するため久しぶりに鎌倉を訪問しました。
WSの詳細は、事情により出来上がりの写真一部のみ掲載しますが・・最後はビスケット。
ビスケットを焼き上げ、アメリカタイプのショートケーキを作って皆でいただきました。
IMG_7822.JPG
毎回とても充実した内容のWSでした。
お菓子とそれにまつわるお話、そしてアメリカに造詣の深い作家H先生との対談。
今回で最後なのがとても残念です。
毎回素敵なお菓子を紹介してくださった菓子文化研究家のH先生、そして企画していただいた作家H先生、ありがとうございました。

さて、WSが終わってからは友人と一軒パン屋さんを訪問。
mbs46.7さんへ。ちいさなお店ですが、お客さんは次々と。
IMG_7831.JPGIMG_7824.JPG
レーズン酵母、ナチュラル酵母、ライ麦酵母など色々な酵母を使ったパンはどれも美味しそうで沢山買いたかったですが、散策することを考えて持ち歩きやすそうな丸いパンを一つセレクト。
IMG_7872.JPG
パンオサラザン、新そば粉を使ったパンだそうです。

その後、友人と分かれて後からやってきた夫と合流し、色々お店巡り。

以前訪問して良かったお店を夫へ歩きながら紹介すると、何と食べたいというので数軒は再訪、新規も含めて結構めぐりました。
まずは市場内にある、鎌倉シフォンさん。プレーンタイプを購入しました。
IMG_7834.JPG
散策しながらいただきましたが、前回購入したチーズ風味より断然美味しい!!こちらではまずプレーンを買うべきでした。
人気商品になっていた紅茶シフォンも美味しそうでした〜。

そして、キッキリキさん。こちらも二回ほど訪問しており、今回は初めてイートインしてみました。
夫セレクトで、クリーミーブルーベリーパイを頂きました。ブルーベリーの甘酸っぱさに、ざっくりクラムが美味。
IMG_7835.JPG
此方はパイ生地がかなりシンプルな風味なので、アップルパイだと他のお店の方とつい比べてしまいますが・・
此方のようにクラムなどが載っていると、フィリング以外に味により深みが加わっていいですね!これ、気に入りました。
市場内、他にも八百屋さんや洋菓子屋さんを見ましたが、買い物はしなかったのでレポートは割愛します。

続いてぶらぶら歩き、ちょうど見かけたフォンフォンシフォンカマクラさんへ。
IMG_7840.JPGIMG_7841.JPG
ビル二階にある、とても小さなお店ですがこだわりを持ったとても美味しいお店でした。
しっとり感は若干鎌倉シフォンさんの方がある気がしますが、風味の良さ、きめ細やかさはこちらもかなりの物!!
また他のシフォンもいただきたいです。

そこからまた以前訪問したパン屋さん二軒。
こちらもとても小さなパン屋さん、MIYUKIPANさん。こちらでも、一つだけ。もっちり大福パンをチョイス。
白パンに赤エンドウとこし餡入り。相変わらず、素朴な風味のパンでした。
IMG_7844.JPGIMG_7850.JPG

そして、そこから少し歩いたところにあるラフォレ・エ・ターブルさん。
IMG_7846.JPGIMG_7871.JPG
こちらのパンも美味しくどれも魅力的なので前回も悩みましたが、今回も悩んで持ち歩ける量の一つだけ、かぼちゃクコをチョイス。黄色にクコの赤があざやなパンでした。

更に歩き、途中御成通りにあるKIBIYAベーカリーさんにて、季節商品のシュトレンのカットをゲット。
IMG_7851.JPGIMG_7873.JPG

他買い物はしませんでしたが御成通りではジャムショップ、チョコレートショップなども覗きつつ、ジェラート屋さんへ。
コリーナカマクラジェラートさん。
IMG_7857.JPGIMG_7855.JPG
こちらのミルクジェラートとピスタチオジェラート、とても風味がよく美味しかったです。超おすすめ!!

更に、鶴岡八幡に続く大通りを歩き、豊島屋さんをのぞいたり、ロミユニさんを覗いたりとぶらぶら歩き。
久寿餅が有名な、蕎麦屋こす々さんの二階で猫がのんびりしているのが見えて和みました〜。
IMG_7860.JPG

さて歩き疲れたので帰り際、駅近くにあるイワタコーヒーさんで一休み。
IMG_7864.JPG
厚焼きホットケーキと珈琲を頂きました。
ホットケーキは、甘め、少し乾き気味の懐かしい感じの味わい。ケーキシロップも結構甘め。(メープルシロップでは無いです)
2019年4月から店内全禁煙に移行する予定だそう。嫌煙派としては嬉しい限りです。

さて、しっかりお店巡りを堪能した鎌倉。
家からは距離はあっても電車一本で行けるのは楽なので、また行きたくもありますが・・次回はいつになるかな〜。
posted by シナモン at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記