2018年04月18日

イタリア郷土料理とパン

4月前半の週末、イタリア郷土料理とパンのコラボレッスンへ参加してきました。(船山シェフ&木村シェフ)
IMG_3167.JPG
イースターで食べられるという、イタリア南部の料理とそれに合うだろうと作られた、セモリナ粉のパン。
個人的にイースターの料理やパン・お菓子にはとても興味があったのでワクワクしていました。
それと、どんな方が参加しているのかもドキドキでしたが、受講者の中に知っている顔が数名!とても嬉しい再会でした。
シェフ以外にも、農園の方も参加されていて先生は3名!それなのに参加者も今回は少なく、かなり人数限定プライベートレッスン状態!!なんとも贅沢な内容でした。
(次回は多分、宣伝効果もありもう少し増えているかもしれません)
IMG_3145.JPG

春の野菜と羊、チーズ、卵をつかったイースターの料理。
野菜の中には以前から気になっていた白菜の菜の花!!他にはかつお菜、紅苔菜、わけぎ。
IMG_3139.JPG
羊は癖が無く、食べやすいタイプの物でした。大きいカットですが、これで何と一人前との事です!(イースターといえば・・贖いの子羊から羊の型ロース肉ブロック。ただ、手に入らなければ豚肉で代用可能との事でした。)
IMG_3140.JPG
チーズはペコリーノロマーノ。塩気が強いので、全部使わなくてもよいという事でしたので、半量より少し多め程度に使ってみました。
卵は、平飼いの有精卵。自然な色合いの卵です。生活クラブなどの卵と同じ色〜☆

料理は、時間をかけてじっくり煮込み、時々手をかけて乳化させていき、旨味を凝縮していくといったもの。
途中でシェフの鍋をのぞいたら、私たちのものと乳化の度合いが全く違う!!流石でした!!
IMG_3149.JPG
IMG_3152.JPG

さて、肝心のパンは有機栽培のこだわりセモリナ粉を使ったしっかり弾力だけれど歯切れ良い、リング型のパン。
このセモリナ粉がまたこだわり物ので、イタリアの農家さんが一緒にハーブも育てていてほんのりとハーブの香りがするという粉!ただ、はっきりとそこまでは香りは分かりませんでした。ただ、焼き上がりの香りはとてもふわりとハーブと麦の香ばしさが混じったような不思議な香りだった気がします。

シェフはリング型二個に、丸型も一つ作っていました。
IMG_3166.JPG

私たちは丸型を一つ。今回のリング成型方法は初めてで、かなり緊張!!
シェフが理想と言っていた自然な感じの割れが出来ず、とても残念・・。水が合わさる程度で良いと、今回は捏ねを控えめにしましたが、それが原因なのか・・??(隣や前の方は自然な割れが出来ていましたが、かなり捏ねていたようでした)それと、リングの穴を大きくしようと生地を触り過ぎた為、ふくらみが悪くなったと思います。
IMG_3169.JPG

木村シェフのレッスンは、勿論パンの技術もしっかり学べますが・・パン作りやそれにまつわる考え方や経験からの深い話などいろいろな事が学べてとても勉強になります。

今回のパン、時間が無くまだ復習できていませんが、粉を購入したので今週中には復習してみたいと思っています。
posted by シナモン at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パン教室