2018年02月28日

ギア・イーストバージョン

先週、某新聞社の読者モニターにまさかの当選。
千葉みなとで行われている、ギア・イーストバージョンを観覧してきました。

昨年2017年12月、千葉ポートタウンに特設ステージが設けられて開始されたギア。
元は京都でロングランとなっている大人気のステージという事ですが、なぜか千葉・しかもポートスクエアにて東日本初上陸だとか。
昨年あたりに、ギア・千葉上陸に関しての記事はちらっと見かけていましたが、場所が利用者の少ない所という事でどうなんだろうと思っていました。
交通手段は
・JR総武線千葉駅からシャトルバス(西口ロータリーに一時間二本程度マイクロバス着)、もしくは路線バス(千葉駅東口11番)、
・自家用車、
・JR京葉線千葉みなと駅から千葉都市モノレール乗り換え(もしくは京成千葉中央駅からモノレール)、モノレール市役所前駅から歩くという交通手段です。
私たちは、シャトルバスで向かいました。はじめ、東口11番の方へ行ってしまい、シャトルバスはどうやら違うと気づいて西口へダッシュ。ちょっとシャトルバスの利用は分かりづらいですねあせあせ(飛び散る汗)
もう少し分かりやすくした方がいいと個人的に思いました。

久しぶりのポートスクエア、ホテルが以前のグリーンタワーからカンデオホテルへ変わっていました。
商業棟は千葉や地方の物産販売店や電気店、ドラックストアが一階に。全国のカップ麺を食べられるコーナーなどもありました。フィットネスクラブセントラルやビュッフェレストラン、サバイバルゲームのできるフロアなども。以前とはかなり様変わりしていました。(以前と言っても私が行ったのは、トイザらスやオールドスパゲティファクトリーなどがあった10年以上前ですが・・)

ギアのステージは、商業棟のエレベーターを上がり、ドアを抜けて中庭を通り、車の展示場の上にあるエレベーターから向かいます。
5階にある特設ステージの階は、チケット販売スペースとグッズ販売スペースに写真撮影スペース。ドアを入るとすぐに小さな劇場が目に入ります。席数は200席少々。
IMG_2330.JPG

開演前と後はステージ写真撮影可能ですが、勿論観劇中は撮影NG。マナーモードすら厳禁で電源を落とすように促すアナウンスも一工夫してあって、観劇前の注意事項も楽しい演出の一つとなっていました。
IMG_2325.JPG
さて、肝心の内容は・・・冒頭から面白く、引き込まれました。
パントマイムやマジック、ブレイクダンスにジャグリングといったものが織り込まれた内容に、光やプロジェクションマッピングを使った演出の数々。プロジェクションマッピングって、小劇場の場面転換には本当に威力を発揮しますね!!
ノンバーバルパフォーマンス=言葉を使わず、表情や体・演技のみで進むストーリーなので、子供から老人まで、また日本語が分からない外国人のかたも楽しめる内容となっています。(ちょっとした小ネタで分かる人は分かるにやりとしたくなるものが織り込まれていたりとか。)
小劇場だからこその臨場感やキャストと観客の距離感が素晴らしく、これは是非より多くの様々な方に直接見て体験してほしいと思える内容でした。上映時間は90分、この長さも絶妙ですね。長すぎず、短すぎず、集中できるちょうど良い時間。
大劇場などで、シルクドソレイユやブルーマンなどのショーを見た事もあります。当然大迫力・音楽などもよく臨場感もありますが・・
それとは違う小劇場ならではの特徴を生かしたショー。キャストも日程で変わるようなので、行くたびにまた違った魅力があるのではないかと思います。
座席は、最前列か通路側をチョイスした方がより楽しめるかもです!!
終了後は、ステージ前と外のパネルの前で記念撮影☆
IMG_2326.JPG
IMG_2327.JPG
この千葉でも、京都のようになんとか頑張ってほしいものです。そのためには、もう少しアピールや宣伝が必要ですね。それと、アクセス改善&ポートタウンやその周辺に人が集まりたくなるような仕掛けが欲しいなあ。

この日は夕方から都内に出かける用事があったので、観劇後ですぐにシャトルバスに乗る為にチェックしたかったポートタウンをゆっくり散策することはできませんでしたが・・
劇場を出たあと通る中庭にはカフェもありましたし、
IMG_2332.JPG
観劇後にビュッフェレストランへ行くと割引きサービスを受けられたりという特典もありましたので、時間がある方は是非ポートタウンでゆっくりされると良いと思います。

#ギア-GEAR- East Version
posted by シナモン at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | コンサート・観劇

2018年02月22日

ライサワー・ドイツパン自習

とあるパン教室で、ライ麦パンとライサワー種を習ってから定期的にライサワー種を継ぎ、消費の為に学習したパンやレシピ本から選んでライ麦パンを焼いています。

IMG_2091.JPG
上は適正時間や温度で焼いた、初挑戦のコルプブロート。見た目は悪くないのですが、色々課題が残りましたので、調整して他の日に再挑戦しました。

IMG_2306.JPG
こちら、左は少し一次発酵の時間が長めになったコルプブロート。
初めと同じくサワー種だけなのですが一次発酵をしっかりとったせいか、最初に焼いたものよりもかなり膨らみました。
右は小さめに焼いたベーマーバルトブロート。
焼き上がり、色々課題がありましたのでまた挑戦したいと思います。
posted by シナモン at 08:54| Comment(0) | 自宅製パン

2018年02月12日

日帰りバス旅行・栃木にていちご狩り&餃子堪能!

IMG_1766.JPG
2月の初め頃、友人とバス旅行に行ってきました。
いちご狩りツアーをいくつかピックアップし、内容的に気になった栃木県ツアーをチョイス。
何と、新しいブランド苺スカイベリー限定のいちご狩りです。実は初めてのいちご狩りでワクワク(^^*
しかし、数日前に雪が降ったので少々心配していましたが・・特に影響はなかったです。ツアー当日も結構温かく、厚手のコートだと昼間は暑かったくらい!!

到着したのは栃木県小山市にあるいちごの里という場所でした。
いちご狩り開始前に、ヘタをもいでヘタ側から食べると最後まで甘くいただけるとのアドバイスがありました。確かにその通りでした。
01IMG_1743.JPG
スカイベリーは大粒の形が比較的綺麗な苺で、どれもべっぴんさんばかり!かなり大型になると少しだけ形がいびつになっている物もありましたが、他の品種の大粒すぎていびつになった苺と比べてもきれいな方!
02IMG_1744.JPG
超大当たりと思えたのは3個位と少なかったですが、普段食べるものよりはどれも甘くてジューシー!
もぎたてなのでとても瑞々しくて美味しかったです。これだけの苺を食べたのは初めて!!これははまりそうです。最後には苺の生シュークリームと栃木の名物、レモン牛乳のプチお土産を頂きました。
※いちご狩りに慣れている方はさっと目当ての物を探し当てて早めに切り上げ、お土産やお手洗いの時間を確保していました。最後までいたのは私たちと大学生くらいの女性グループ数組。お土産を買う時間が無かったですが、いちごが堪能できたので良しとしましょう。

続いて訪れたのは、インスタ映えすると人気だという栃木市にある岩下の新生姜ミュージアム。
05IMG_1752.JPG
初耳でしたが、色々変わった演出やピンク色の館内は超個性的。時間が無くざっと見る程度でしたが・・無料で入れますし、これはまたゆっくり行ってカフェでお茶してみたいかも。時間が無い中慌てて購入した、人気一番というぷちとろ(味付き半熟うずら)は中々のとろとろ感。人気が分かる美味しさでした。
16IMG_1916.JPG

次は宇都宮市へ移動。遅めの昼というか早い夕食?には宇都宮餃子の食べ歩き。餃子食べ歩きチケット500円×2枚(おつり不可)を添乗員さんから受け取り、対象店舗で使用して食べ歩けるのですが制限時間があるので、人気店まで歩いて行っても行列で制限時間を消費するのは怖いと、餃子を一堂に集めたスポット「宇都宮餃子会来らっせ」にて人気店の餃子を頂きました。
選んだのは・・みんみんの焼き餃子・香蘭の水餃子・色々な餃子屋さんの焼き餃子を乗せたプレート(写真は色々プレート)
08IMG_1782.JPG
いや、たくさんいただきました。特にプレートは好みの味が探せるので、こちらで試してから実店舗へ行ってみるというのも良いですね。
来らっせからバスへ戻る途中、立ち寄った大福屋「春木屋」さん。あんこ好きなので甘味活動も忘れません(笑)
10IMG_1794.JPG
週末なので、渋滞でバス到着時間が予定よりも遅くなるかもと、念のために軽い夜食用としてお店一番人気の大福を一個購入。こちらの店舗、かなりビックサイズの大福もあるようで、物によっては予約がいるとの事でした。これは、甘いもの好きの方へのプレゼントにしてみたいですね。

その後は最後のスポット、日光市にある東武ワールドスクエアへ。
イルミネーションを楽しむという事でしたが、どちらかというと建物ミニチュアの夜間ライトアップといった感じの落ち着いたライティングでした。
11IMG_1812.JPG
12IMG_1820.JPG
寒さと、制限時間からあまり堪能できませんでしたが・・こちらは暖かくなってから昼間にゆっくり見てみたいですね。ざっと見た後は、ドリンクチケットを使いココアで温まりました。
帰りは渋滞を覚悟していましたが・・なんとほぼ渋滞なしで予定時間に新宿へ到着!!数日前の雪で、遠出を控えた方が多かったのかも知れません。なんともラッキーでした。
バス内で食べるタイミングを失った大福は、帰宅後に夫と半分コしていただきました。毎日食べても飽きない味わいの大福でした。
15IMG_1844.JPG

昨年夏も同じ友人とバス旅行に行きましたが・・たまに行くと気楽に行けて楽しいものですね。
遠い場所や行き辛い所、試しで行ってみたい所はまたバスを利用していってみたいと思います。
posted by シナモン at 00:00| Comment(0) | 旅行